2016年度活動報告  2016 year activity report

市制施行35周年記念、第25回浦安市少林寺拳法連盟加盟大会及び2017年少林寺拳法創始70周年 を開催しました。

 11月上旬、浦安市中央武道館にて、市制施行35周年記念、第25回浦安市少林寺拳法連盟加盟記念大会を開催。2017年は少林寺拳法創始70周年と成ります。当連盟では矢崎堅太郎大会名誉会長兼県議会議員、小林章宏大会参与兼浦安市議会議員、主催者側では、浦安市長・松崎秀樹様、市民スポーツ課長補佐、浦安市体育協会会長の野崎実様、副会長2名等の多くの当連盟役員及び沢山の来賓をお迎えし、模範演武、鎮魂行、演武審査、技法紹介などを進行に従って紹介しました。また、特に、不断の修練等に関して審判委員長より「点数のみではなく、更に、相対演練の意味、同志連帯の必要性や上手になる為の在り方等」のコメントを真摯に聴いて「次年度に活かす確認」をし合いました。先ずは「脚下の浦安地域及び隣接の江戸川地域」の住民に対して「少林寺拳法の正しい技術と思想の理解を深め又は広める」ことへの普及と成ったと確信しております。

模範演武紹介

浦安市少林寺拳法連盟名誉大会長 矢崎健太郎県会議員

浦安市市長 松崎秀樹様

浦安市体育協会会長 野崎実様

鎮魂行での信条奉唱

浦安市施行35周年、浦安市少林寺拳法連盟加盟25周年及び2017年少林寺拳法創始70周年お写真

身長差があっても「修練の積み重ねで女性」でも出来る

「道院で34年、連盟で25年間も拳士達の活動が一丸と成って」募金活動でのご芳志を賜った募金を浦安市福祉協議会に長年寄付しております、地域活動の実践です。ご報告致します。

10月上旬に「浦安市主催のスポーツフェア」参加と協力

10月上旬、浦安市総合運動公園で開催されたスポーツフェアURAYASU2016(市主催)に市体協としての協力しました。普及目的としても長年行っております。市民の皆様向けに少林寺拳法の鈎手守法、受手の開手の特徴等を活かして行いましたが、市内を初め江戸川と月島地域より体験者約166名が来ても団体の費用負担が極力少ない予算で済み、初歩的な技法解説、演武、運用法を披露しました。毎年ですが、県議会議員の矢崎先生、市議会議員の吉村・小林両先生、市体育協会長、他の副会長の皆様との親交を深めました。

2016年9月下旬に「コース選択自主研修会」を開催

9月上旬、専用道場活動を活用して、市内にて宿泊コース、日帰りコースや各コース選択の「自主研修会」を開催しました。外部講師の先生による「憲法の立憲主義と改憲解釈限界や緊急事態法の国家総動員法に近似」を2時間の講義を拝聴し、自主研修会(剛法、柔法、整法、圧法)、各々の昇格模擬試験者の進歩度や各拳士が目的意識を持ち寄って研鑽しました。今回の選択肢コースにて参集者の各々が高まったものと考えます。

2016年8月上旬に「少年少女錬成大会」に参加

8月6日(土)に「少年少女錬成大会が開催」され、出場拳士澾は俱に一所懸命に大会で力量を発揮しました。10組中2番目でしたが、「日頃の修行の一過程」であって「日頃の修行をコツコツと精励」して欲しいと助言をしました。「悟後の修行」を大切に願っている次第です。

2016年浦安市の花火大会で警備協力

7月下旬、浦安市主催の花火大会で当連盟として警備の行政協力を行いました。浦安市体育協会の一員としても、市体育協会加盟各団体と一緒に各担当をし会場警備をも行いました。今年の花火大会のテーマは「咲き誇れ~うらやすの未来へ~」です。今後も地域に根付いた活動と地域社会貢献を図り、それらの事項を通して「少林寺開創の動機と目的を」普及する為に日夜活動をしていく所存です。

 

7月下旬、日本老年医学会兼虎ノ門病院長の大内先生がわれわれ後進の為に好意的に講義などを行って頂いた際の資料です。

                高齢者の定義を再考する       

                                        大内 尉義(虎の門病院 病院長/日本老年医学会前理事長)

 

 現在,国家で高齢者は65歳以上と定義しているが,これには生物学的,医学的な根拠はまったくない。一説によると,かのプロイセンの鉄血宰相ビスマルクが,まだ平均寿命があまり長くなかった時代に,年金の受給年齢を65歳にしておけば国家財政に大きな負担にならないだろうとしたことが由来である

 

 やはり65歳以上を高齢者とするわが国においては,近年,個人差はあるものの,6575歳の前期高齢者は若い人達が多く,この年代を本当に「高齢者」と呼んでいいのかどうか迷うことが多い。実際,内閣府の最近の調査でも,何歳以上を高齢者とするかという問いに,75歳以上と答えた人が最も多く,80歳以上という回答がこれに次いでいた。

 

 このようなことを背景に,日本老年医学会では,高齢者の定義を再検討している。病床者(介護者を含め)を除き、若年期より「不断より運動継続し常に食養していれば中高年期に病気は少ない」ものである。さて、いろいろなコホートでの追跡調査のデータを調べると,歩行速度,握力などの運動機能,活動能力指標でみた生活機能,疾病の受療率や死亡率,知的機能,残存歯数に代表される咀嚼能力など,多くの身体機能が以前に比べて10歳以上は若返っていることが示されており,人々の実感に合致していると思われる。2015年度中に報告書をまとめ,その内容を公表する予定であるが,実は,この検討の真の目的は高齢者の定義を何歳と決めることではなく,高齢者が社会参加できる仕組みをつくり,活力ある高齢社会を実現する重要性を再度提起することである。このような若年生活より継続させれば「現状の介護も寝たきりなど」も激減する。

 

 20156月開催の日本老年医学会学術集会の折,日本老年学会と日本老年医学会が合同で以下のような声明を発表した。「最新の科学データでは,高齢者の身体機能や知的能力は年々若返る傾向にあり,現在の高齢者は1020年前に比べて10歳以上は若返っていると想定される。個人差は大差はあるものの,高齢者には十分,社会活動を営む能力がある人もおり,このような人々が就労やボランティア活動など社会参加できる社会をつくることが,今後の高齢社会を活力あるものにするために大切である」。

 

 例えば、水泳一つにしても「綺麗にゆっくり泳ぐ。綺麗にゆっくりとは、合理的で無理のない動作で身体、骨格や呼吸器などのバランスを整えられリハビリにも効果的です。笑顔で楽しく泳ぐ。笑顔で楽しくとは、生き甲斐、免疫機能を高め、心機能にも適すると共にコミニュケーション作りにも効果的です。その様な指導者に指導を受けられることは理想的」と述べたい。一般的に高齢者と称する人達の運動能力等を過小評価するが、筋質量、心肺能力等は5歳に決定されていて練習し続けている会員には対向能力があり、物理的な理法や筋弾性などを均等(合理的)に用いて無駄なく行う武道も同様と言える。

 

 世界に先駆けて高齢社会に突入したわが国にとって,明るくプロダクティブな社会の実現は国民全員の願いである。われわれの検討がそのために役立ち,健康長寿社会の構築のための道筋の一つを世界に向けて発信できればと思っている。


2016年千葉県大会で最優秀賞(1位)及び優良賞(3位)を獲得

 6月中旬、全国大会出場者を決める、県大会が開催されました。当道院の拳士達が出場し、一般部では山下拳士及び酒井(耕)拳士は素晴らしい演武で最優秀賞(1位)を獲得となりました。他の拳士達も「優良賞(3位)」を獲得しました。「1%の資質と99%の修練の積み重ね」が結果に結びつき、感慨深い大会となりました。

県大会で最優秀賞(1位)となった「山下拳士、酒井(耕)拳士」の模範演武 披露

「6月上旬、新庁舎竣工式及び式典に学識者として(代表者)ご招待」

 

新庁舎の式典のご招待及び竣工式が6月上旬に行われました。松崎市長が「浦安市の新庁舎は全国の自治体では日本一の規模と最新鋭の建築法を施した素晴らしい建物(当日は、東京ディズニーリゾートのゲストが沢山来ておりました。)」と言われ、私達も内容を拝見すればする程に「随所に素晴らしい工法内容」でした。衆議院のそのうら議員は「今後は地方分権が進めば基礎自治体が核として必要です。東京圏の基礎自治体となる確立が高い浦安市と江戸川区を更に、躍進させたい。生活圏、経済圏や地理的や文化的には浦安市は誰が拝見しても東京都です。しかも、浦安の黒字自治体を他の基盤産業のない千葉県の自治体(橋梁一つ出来ない財政)が吸い上げている。また、浦安市と江戸川区、更には東京駅を結ぶ都バスが昭和初期より昭和50年代まで運行されており、200%の東京メトロや京葉線の混雑緩和には、当時の東京市市長の東京市編入政策を活用して都バスの浦安市への復活運行と東京都編入は欠かせない。需要もありコストが安価に実行できます。」と言われました。今後も「時代遅れの都道府県制度(昔の幕藩体制の縄張り意識の脱却)が廃止され、東京圏の地方分権を」見守って行きたいと思いました。

松崎市長の式典挨拶

「鏡割り」

都内らしい浦安のビル群

「11階迄、総吹き抜け」

開祖デーの活動を行いました

 5月中旬、今年も開祖デーの活動を行いました。市内の明海・舞浜等において、同志が協力し合って、身の回りよりの活動を行って連盟設立より25年目と成ります。少林寺拳法活動の一つとして、開祖・宗道臣先生の命日である5月12日にちなみ、毎年5月を「開祖デー月間」としております。開祖が良く言われた「屁理屈より少林寺拳法のみの修練よりも、地域や人の為になれ」と言われた事を実践する為に社会奉仕活動及び地域貢献活動を通じて開祖の教えを実践の場として、当連盟では25年以上(道院では東京メトロの駅前清掃より開始されて34年以上)に亘り社会奉仕及び地域貢献活動を継続しております。

 

春季合宿を開催しました

5月上旬、浦安市内で春季合宿及び儀式を開催しました。各拳士は個々の課題、疑問点を修練、「合宿は実践の場」として挑みました。当連盟名誉顧問兼県議会議員の矢崎堅太郎先生も共に学習と修練をしました。日頃の参考として演武部門と運用法部門に分けて行い、今後の道標としての表彰も行いました。現在は同志連帯が希薄な時こそ、更なる「道院活性化及び市連盟の活性化」を考えさせられた合宿及び儀式であったと同時に、有意義な場となりました。

「田村・中野の両先生の技術を数十年直接師事を受け深めての、2対(につい)1式技法を研鑽」

「県議会議員の矢崎先生も研鑽中です」

「開祖の法話を壇上、お手伝い等の際のお言葉を踏まえての開祖の精神を伝える」

「部内で日頃より技術研鑽した拳士達への表彰」

3月中旬頃、考試員・審判員講習会を受講

3月中旬、考試員・審判員講習会が開催されました。当日は、各々が約20分間に書面テストを午前・午後に行われ、午後には、審判員としての審査、実習及び技術の確認を行いました。一日中が充実した内容を受講致しました。

東京ベイ浦安シティマラソンのコース整備及び警備に協力しました

  2月上旬、市体育協会の一員として、浦安市が開催する第25回東京ベイ浦安シティマラソンに協力しました。マラソン大会のコース整備、参加ランナーの誘導及び警備を行いました。浦安市と江戸川区民とのランナーと触れ合い、市体育協会の各加盟団体との連携と市民交流と地域貢献も出来た一日となりました。

「ランナー走行後や走行前の一齣」

平成28年県連の新春の集いに参集

2月に新春の集いの参集して道院間及び他の先生方等と懇親を深め、今年の確認等を行い、和やかな雰囲気に笑顔が絶えなかった時間でした。

平成28年浦安市体育協会新年会に参集しました

1月下旬、浦安ブライトンホテル東京ベイに於いて「平成28年浦安市体育協会新春の集い」に浦安市少林寺拳法連盟より役員5人が参集しました。松崎浦安市長、細田教育長及び教育関係者様、野崎浦安市体育協会会長並びに体育協会各団体との親睦を深め、体育協会の一員として、今後も地域発展と貢献の為に活動して行こうという思いを新たにした式典でした。

 

着物姿の松崎市長を囲んで

細田教育長を囲んでの一齣