2015年度活動報告  2015 year activity report

第24回浦安市少林寺拳法連盟大会を開催しました

11月上旬、浦安市中央武道館にて、第24回浦安市少林寺拳法連盟大会を開催しました。県議会議員の矢崎堅太郎名誉顧問、浦安市教育委員会教育長の細田玲子様、理事及びスポーツ課長補佐並びに、市体協の正副会長、理事長の沢山の来賓をお迎えし、プログラム通り紹介を披露し、道院長は「教育関係者等に少林寺拳法の社会的な必要性の講話及び総括]を含めて進行致しました。

  拳士は「日頃の修練の積み重ね」に応じて発揮し、同志の連帯を広め、特に浦安市及び江戸川区への普及活動に努めました。10月のURAYASUスポーツフェアでご体験頂いた市議会議員の小林章宏様にも参与として列席頂き、少林寺拳法へのご理解を深めて頂きました。


鎮魂行

矢崎県議名誉顧問のご挨拶

細田教育長のご挨拶

小林市議参与のご挨拶

2016浦安市連盟大会
2016浦安市連盟大会

「田村先生、中野先生直伝の釈杖伝」

「田村先生、中野先生直伝の技法」

「県議の矢崎名誉会顧問よりの最優秀賞授与」

「第24回浦安市少林寺拳法連盟大会の集合写真(大会は一人一人の力の結晶です。ご足労をお掛け致しました)」

「拳士達が24年間一丸と成って」募金活動でのご芳志を賜った募金を浦安市福祉協議会に寄付しました。地域活動の実践ですが、ご報告致します。

スポーツフェアに参加しました

10月中旬、浦安市主催のスポーツフェアURAYASU2015に市体協のメンバーとして協力しました。浦安市総合体育館(都心の大手町から十数分で、23区の世田谷等より至近)では、市内、江戸川区と新木場の皆様が、少林寺拳法の特徴ある鈎手守法、開手の使い方の体験会に参加し、県議会議員の矢崎先生、熱心に体験しておられた市議会議員の小林先生から激励のお言葉を頂きました。当日は200名を超える方々に体験して頂き、少林寺拳法の理念の理解と普及が出来たと確信しております。

中央が小林市議会議員、右が矢崎県議会議員

秋季合宿を開催しました

9月中旬、栃木県の作原野外活動施設で、儀式の確認、指導力アップの勉強及び昇格予定者の模擬試験(個別のビデオ指導、課題講義及び確認指導を含め)による行事を行いました。指導者への集中法話で、今後の指導に生かすためのチェックポイントを確認し、実技、学科ともに、詰め込みではなく、身心で頷くことができるような内容でした。また、今後の連携体制等を深めることもできました。

本年も浦安市花火大会の警備の行政協力を致しました

7月下旬、浦安市主催の花火大会の警備の行政協力を行いました。浦安市体育協会の一員として、市体育協会加盟各団体と一緒に各担当をし会場警備をも行いました。今年の花火大会のテーマは「ひと・まち・うみ~ともに奏でるシンフォニー~」です。広域自治体の時代であり、今後も浦安市への地域貢献と近親関ある浦安、江戸川区にもパイプ役になれるよう、普及と活動していく所存です。

千葉県大会で優良賞を獲得しました

6月中旬、船橋総合体育館のアリーナで開催された少林寺拳法千葉県大会で、当道院の拳士が優良賞(3位)を獲得しました。今回は勤務先の繁忙期などもありましたが、各分野に出場した拳士たちは、自分の実力を十分に発揮し、自己反省と次への一歩を「認識すべく何らかを得られた大会」でもありました。

 

開祖デーの活動を行いました

 5月上旬、今年も開祖デーの活動を行いました。市内の明海・舞浜等において、同志が協力し合い清掃活動を行いました。少林寺拳法では、開祖・宗道臣先生の命日である5月12日にちなみ、毎年5月を「開祖デー月間」としております。社会奉仕活動及び地域貢献活動を通じて開祖の教えを実践する場として、当連盟では24年以上(道院では33年以上)に亘り社会奉仕及び地域貢献活動を行っております。

長年の功績が認められ、本部ホームページに掲載されました。

春季合宿を開催しました

4月下旬、浦安市内で合宿(儀式を含め)を開催しました。各拳士は日頃の課題、疑問点を集中修練の中で研鑽し、学科では開祖の教えを深める内容を、身近な場所より貢献するために修学しました。当連盟名誉顧問の矢崎堅太郎県会議員も激励に駆け付け、修練を体験しました。演武などを行い、最後に優秀拳士への表彰が行われました。常日頃の「学科を学んだ事が実践されたか否かをチェックする場」と共に「同志の連帯を深める場」を確認することができ、有意義なる合宿でありました。

「名誉会長の矢崎県議のご挨拶」

「矢崎県議の初心の体験光景」

「講話と技術研鑽し、最後に部内での技術構成した演武者の表彰」